ベーパーライザー | カグラ ベーパーテック | KAGLA
当社関連の新聞・雑誌報道
≫前のページに戻る≫次のページを開く  
自動車学校に簡易スタンド
岐阜県初、美濃加茂ガスが設置
プロパン・ブタンニュース
2008年2月11日号より
≫記事の詳細
 美濃加茂ガス(本社・美濃加茂市、則竹浩明社長)は一日、美濃加茂自動車学校に、簡易オートガススタンド「オートコンポ」を設置した。岐阜県では、ポンプ式オートガススタンド自動車学校はあるものの、簡易式スタンドの設置は県内で初めて。
静岡ガスエネルギー
簡易スタンドを自動車学校に設置
県で第二種製造設置届受理第1号
プロパン新聞
2006年8月14日号より
≫記事の詳細
 静岡ガスエネルギー(静岡市駿河区、山口富嗣社長)はこのほど、静岡県で第二種製造設置届受理第1号となる簡易ス一タンド(オートコンポAC1000)を田方都函南町の田方自動車学校(小林淳一郎社長)に納入した。同スタンドは自動車学校のLPG教習車の充填用として使用されており、利用者から好評を得ている。

マルエイ
簡易オートガススタンド一宮市で第1号機稼働
カグラインベスト社製 有資格者不要の第2種

プロパン・ブタンニュース
2005年12月19日号より
≫記事の詳細
 マルエイ(本社・岐阜市、澤田栄一社長)は、このほど、カグラインベスト(本社・尼崎市、玉井健一社長)が開発した簡易オートガススタンド「オートコンポAC1000」を、愛知県一宮市のガステム本社敷地内(寺澤徳彦社長)に設麿した。設置したのはカグラインベストの第一号機で、11月から営業を開始した。
カグラインベスト
1トンタテ型バルク「e-バイオ」発売
電気式蒸発器を内蔵
プロパン・ブタン二ユース
2005年7月25日号より
≫記事の詳細
 カグラインベスト(本社・兵庫県尼崎市、玉井健一社長)は15日、1キロタテ型バルク貯槽のプロテクターに消費型電気式ベーパーフイザーを内蔵したバルク貯槽「e-バイオ」(ガス発生能力毎時50キロと同100キロ/気液切替方式・KHK型式認定品)二タイプを8月22日から出荷すると発表した。
カグラインベスト
蒸発器内臓の1tバルク発売
省スペースで低価格を実現

プロパン新聞
2004年9月13日号より
≫記事の詳細

 カグラインベスト(兵庫県尼崎市、玉井健一社長)は、1tたて型バルク貯槽(中国工業製)のプロテクターにベーパーライザーを内蔵した消費型蒸発器内蔵バルクを開発、「BAiO」(バイオ)の商品名で15日から出荷を開始する。
 
カグラインベスト上海に新工場。
電気式ベーパーライザー
国内・海外向けニューモデル発売
プロパン・ブタンミュース
2003年11月3日号より
≫記事の詳細
 カグラインベスト(本社・兵庫県尼崎市、玉井健一社長)は10月28日、電気式ベーパーライザー・ミニマムのニューモデル「ECモデル」(国内向け)毎時30㌔、同50㌔、同100㌔、同150㌔、同200㌔、同300㌔の6機種と同「AX3モデル」(海外向け)毎時50㌔、同100㌔、同150㌔、同200㌔、同300㌔を11月4日からそれぞれ発売すると発表した。海外向けAX3モデルはこのほど竣工した「神楽燃気設備」(中国・上海市)の新工場で生産してこれまで販売実績のある中国、東南アジアへ出荷する。今後、日本向けの「ミニマムECモデル」は有馬工場で、海外向けの「ミニマムAX3モデル」は上海工場で生産する二拠点体制とする。
 
<前のページに戻る><次のページを開く>