アフターサービス

日常点検

基本的には自社の危害予防規程で定められた点検方法に従って日常点検を実施してください。 一般的に、日常点検では主に設備の異常・故障がないかの外観確認(腐食状況、異音、振動、温度等)とガスの漏洩がないか等を確認いたします。 事業所により異なりますが、1日に最低3回(作業開始時、作業中、作業終了時)以上点検してください。 (液化石油ガス保安規則第6条第2項第4号による)

月例点検

法的には定義されていませんが、日常点検の延長上に位置づけられている日常点検では発見できない機械の不調などを確認する重要な点検です。

● 貯槽、配管設備について

  • バルブ開閉の確認は、作業開始時では充てん設備等の作業に支障のないことを確認し、配管内が液封にならないようにバルブの操作を考慮すること。
  • バルブ、その他配管等について、腐食状況と漏洩の有無を点検する。腐食状況に応じて、ケレンや錆止めの措置を推奨。
  • 判定基準は日常点検記録様式に明記しておく。
  • 点検時の温度、圧力、液量を記載する。
  • 圧力計・温度計
  • 液面計の表示(90%表示)

● 附属の回転機器(ポンプ、圧縮機、エアコンプレッサ等)について

  • 作業開始時、作業中、作業終了時に点検する。(全て稼動時に実施)
  • 異常振動、異常音、異常な温度上昇及び漏洩の有無を確認する。
  • 稼動時の圧力、吸込圧、吐出圧、負荷(電流値)を記載する。
  • 配管圧力計については、外観検査及び作業中は正常に作動しているか、目視により確認する。
  • 安全装置
    (圧縮機の圧力スイッチ)
  • 充てんポンプ
  • 配管圧力計

● 充てん機

作業開始時には、据付状況、漏洩の有無を確認する。

● ディスペンサ

作業開始時には、据付状況、漏洩の有無を確認する。

● 緊急遮断弁

作業開始時、作業終了時には、緊急遮断装置を操作し、正常に作動していることを目視により確認する。 緊急遮断弁の操作位置を示す標識が明瞭か確認する。

  • 緊急遮断弁
  • 電磁弁
  • エアー圧力計

Contactお問い合わせ

総合窓口

各種お問い合わせ窓口

製品やサービス等、各種お問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ