アフターサービス

定期点検

日常点検では実施できない防錆効果の確認や付属機器の機能確認、安全確保のための検査となります。

定期点検の概要

● WHY(なぜ)

日常点検にて実施できない精緻な点検を行うため

● WHEN(いつ)

  • 6か月点検:6ヵ月ごと
  • 1年点検:1年ごと
  • 分解点検:設置当初は2年目、それ以降は3年ごと

● WHO(だれが)

LPガス販売業者、機器製造者、サービス代理店

● HOW(どのように)

検査内容 6ヵ月点検 1年点検 分解点検
計器類(圧力計温度計・水位計)
圧力調整機構
保安機構
制御機構
熱交換器の漏洩確認
水質管理(使用水交換・防錆剤投入)
熱交換器の腐食状況確認
温水槽の腐食状況確認
附属機器の点検
劣化消耗部品の交換
  • 1年点検と分解点検はベーパーライザーの運転を停止させての実施となります。

定期点検の詳細

● WHEN(いつ)

定期点検は、6カ月点検、1ヵ年点検、分解点検があります。その名の通り、6月および1年おきに定期点検を行い、分解点検は、設置当初は2年目、それ以降は3年ごとに実施します。その後、10年めどで更新をご検討ください。

定期点検図

● WHO(誰が)

定期点検は専門知識や技能を必要とする為、LPガス販売業者やメーカー、サービス指定店に委託してください。

6ヵ月点検 1年点検 分解点検
LPガス販売業者
機器製造者
サービス代理店

● HOW(どのように)

水質管理

熱交換器は温水に触れているため水質管理が必要です。水質管理を疎かにすると、写真のように熱交換器や温水槽の腐食が著しく進行し、事故の原因にもなります。温水を1年ごとに入れ替え、規定量の防錆剤を投入してください。

メンテにゃんの『にゃんポイントアドバイス』<水質管理>

  • 井戸水や工業用水を使用するのではなく、必ず上水道水を使用して下さい。
  • また防錆剤は経年劣化し、防錆効果が低下します。定期的に投入が必要です。
  • また寒冷地では不凍液が必要になりますので、温水と同様に定期的な入替をご推奨いたします。

● 動画(水質確認)

ベーパーライザーの排水バルブから水を採取し、phと防錆剤濃度を測定。定期的な水質管理により、事前に腐食状況を簡易的に調査する事が可能。

● 分解検査

STEP.1

分解検査前のベーパーライザーになります。

STEP.2

液減圧弁、温度計、圧力計を取り外した後、熱交換器を取り出します。

STEP.3

液減圧弁の分解点検の写真になります。 その際に取り外した圧力計、温度計の器差検査も同時に実施します。

STEP.4

熱交換器を取り出し、溶接箇所の状況や腐食確認を行います。

STEP.5

熱交換器の肉厚測定を実施します。

STEP.6

圧力調整器の分解検査状況です。

STEP.7

温水槽の清掃及び水の入替状況です。

STEP.8

最後にベーパーライザーの総合気密試験で漏れが無い事を確認し、試運転後、分解点検完了となります。

Contactお問い合わせ

総合窓口

各種お問い合わせ窓口

製品やサービス等、各種お問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ