アフターサービス

LPガスを安定供給するために、また、今まで築き上げてこられた皆様の大切な会社の信用を引き続き守るために、 ベーパーライザーの「日常点検」と「定期点検」は欠かせません。 カグラベーパーテックは、ベーパーライザーのトップメーカーの責任として、予防保全の取り組みを強く推奨いたします。

メンテナンスの必要性

定期的なメンテナンスを怠ると、Oリングやダイヤフラム等ゴム製品の劣化や熱交換器の腐食などにより、最終的にはガス漏れに繋がります。 最悪のケースでは事故、それに至らないにしても、復旧までに数日間を要してしまう事もあります。

  • Oリング劣化

    Oリング劣化

  • 熱交換器腐食

    熱交換器腐食

  • ダイヤフラム劣化

    ダイヤフラム劣化

  • ダイヤフラム劣化

    ダイヤフラム劣化

メンテナンスに関する法律

高圧ガス保安法や液化石油ガス法の記載の通り、ガス販売事業者は、工業用ユーザーに対しては「周知義務」、 一般/業務用ユーザーに対しては「維持管理義務」があります。 確かに消費型VRは法的にメンテナンスの規定はありませんが、ひとたび事故を起こしてしまえば、 会社の存続にも関わる重大事になりえます。

「事故の原因分析」

高圧ガス事故の原因は、設備の維持管理の不良による事故は全体の41 %を占めています。 さらに「腐食管理不良」については維持管理不良の事故の中でも38 %と最も多くの割合を占めています。 定期的なメンテナンスはこういった事故を防ぐことができます。

● 高圧ガス保安法 第二十条の五
周知させる義務等

販売業者は、第二十条の四第1号の規定により販売するものは、経済産業省で定めるところにより、 販売する高圧ガスであって経済産業省令で定めるものを購入するものに対し、該当高圧ガスによる災害の発生の防止に間し必要な事項であって、 経済産業省令で定めるものを周知しなければならない。(以下省略)

● 液化石油ガス 第二十六条の二
基準適合義務等

液化石油ガス販売事業者は、供給設備及び特定供給施設を経済産業省令で定める技術上の基準に適合するように維持しなければならない。

Contactお問い合わせ

総合窓口

各種お問い合わせ窓口

製品やサービス等、各種お問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ