News

2021.2.16
保安検査には様々な種類があるが、何が違うのでしょうか?

保安検査はいくつかある法定検査の一つ。法定検査の種類は①保安検査②定期自主検査③開放検査があり、年に1度や数年に1度など周期が違い、検査の内容や意味合いもそれぞれ異なります。保安検査は保安に関する書類のチェックや、一部の測定機器を抜粋で検査し、他は外観検査を行います。定期自主検査は外観目視検査が多く、圧力計等一部の測定機器は取り外して数値が正しく出るか確認します。開放検査は決められた機器(貯槽や蒸発器等)を解体(開放)し、パーツの入れ替えや整備、非破壊検査を行い、再度組み立てなおし元に戻す検査です。

Contactお問い合わせ

総合窓口

各種お問い合わせ窓口

製品やサービス等、各種お問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ