News

2021.3.10
圧力スイッチA/圧力スイッチBの違いとは?

1.圧力スイッチAは、バルク貯槽内圧力を検知してガスの供給を自然気化側又は蒸発器側に切り替えるためのものです。
     ・圧力スイッチの動き→ 貯槽内圧力0.45MPa以下「ON」、0.5MPa以上「OFF」

2.圧力スイッチBは、バルク貯槽内圧力が0.02MPaまで低下した場合に、電気式ではヒーターに通電しないように、温水式では温水が循環しないようにBAiOを停止させるためのものです。BAiOの運転が停止中でも0.02MPaまで低下した場合は異常警報が出ます。
     ・圧力スイッチの動き→ 貯槽内圧力0.02MPa以下「ON」

Contactお問い合わせ

総合窓口

各種お問い合わせ窓口

製品やサービス等、各種お問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ