アンモニアへの取り組み

近年、国内外で様々な気象災害が発生しています。 気候災害の原因の一つとなっている温室効果ガス対策は急務で、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、 <カーボンニュートラル>を目指すことを宣言しました。 このカーボンニュートラルで注目を集めているのが、アンモニアや水素などの次世代燃料です。 カーボンニュートラル社会の実現に向け、カグラは積極的に貢献致します。

カグラの取り組み

アンモニア普及には液化アンモニアにして、大量の輸送・貯蔵が必要となります。 ただ、液化アンモニアを大量に使用する場合、強制気化させる必要があります。 当社では、液化アンモニアを強制気化させる装置の技術的・法的ノウハウを保有しています。 よって、アンモニア気化器のみならずアンモニア供給設備全体のエンジニアリングも可能です。

カグラの取り組み

アンモニア普及には液化アンモニアにして、大量の輸送・貯蔵が必要となります。 ただ、液化アンモニアを大量に使用する場合、強制気化させる必要があります。 当社では、液化アンモニアを強制気化させる装置の技術的・法的ノウハウを保有しています。 よって、アンモニア気化器のみならずアンモニア供給設備全体のエンジニアリングも可能です。

カグラの取り組み

アンモニア普及には液化アンモニアにして、大量の輸送・貯蔵が必要となります。 ただ、液化アンモニアを大量に使用する場合、強制気化させる必要があります。 当社では、液化アンモニアを強制気化させる装置の技術的・法的ノウハウを保有しています。 よって、アンモニア気化器のみならずアンモニア供給設備全体のエンジニアリングも可能です。

カグラの取り組み

アンモニア普及には液化アンモニアにして、大量の輸送・貯蔵が必要となります。 ただ、液化アンモニアを大量に使用する場合、強制気化させる必要があります。 当社では、液化アンモニアを強制気化させる装置の技術的・法的ノウハウを保有しています。 よって、アンモニア気化器のみならずアンモニア供給設備全体のエンジニアリングも可能です。

Contactお問い合わせ