よくある質問

ここでは、お客様からよく頂くご質問について掲載しております。
ここにないご質問に関しましては、こちらの問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

日常点検/定期点検に関するご質問

  • 日常点検はどれくらいの頻度で行えばいいですか?

    日常点検は毎日欠かさず実施いただく点検となります。毎日3回、運転開始前・運転中・運転終了時に実施してください。
  • 日常点検は何をすればいいですか?

    以下の6つを確認してください。(指示圧力、指示温度、水位、稼働点検、電気制御盤作動確認、漏洩確認)また、結果を記録簿に記録してください。詳細はこちらのページでご確認ください。
  • 日常点検中はベーパーライザーは止めないといけないですか?

    ベーパーライザーを止める必要はありません。
  • 定期点検はどういう周期でやればいいですか?

    定期点検は、6カ月点検、1ヵ年点検、分解点検があります。その名の通り、6カ月および1年おきに定期点検を行い、分解点検は、設置当初は2年目、それ以降は3年ごとに実施します。その後、10年めどで更新のご検討ください。

  • 定期点検は何をすればいいですか?

    6カ月点検、1ヵ年点検、分解点検によって異なります。

    【6ヶ月点検】
      計器類(圧力計/温度計/水位計)、圧力調整機構、保安機構、制御機構
    【1ヶ年点検】
      ※6ヶ月毎の定期点検実施項目に加えて 熱交換器の漏洩、水質管理(使用水交換/防錆剤投入)
    【分解検査】
      ※6ヶ月/1ヶ年の定期点検実施項目に加えて熱交換器の腐食状況確認、温水槽の腐食状況確認、附属機器の点検、劣化消耗部品の交換 詳細はこちらのページでご確認ください。

  • 定期点検中はベーパーライザーを止めないといけないですか?

    分解検査のみ運転を停止してください。6ヵ月点検、1ヵ年点検では運転停止は不要です。

  • 定期点検にはどれくらいの時間がかかりますか?

    【6ヶ月点検】XXX
    【1ヶ年点検】XXX
    【分解検査】XXX

  • 定期点検を実施できるのは誰ですか?

    【6ヶ月点検】LPガス販売業者、機器製造者、サービス代理店
    【1ヶ年点検】LPガス販売業者、機器製造者、サービス代理店
    【分解検査】機器製造者、サービス代理店

  • 定期点検はいくらかかりますか?

    【6ヶ月点検】XXX
    【1ヶ年点検】XXX
    【分解検査】XXX

  • 定期点検は法律で決まっている義務ですか?

    製造事業所に設置されたベーパーライザーは、1年ごとの定期自主検査、保安検査、貯槽の付属機器は3年ごとの開放検査周期が義務付けられております。製造事業所以外に設置されたベーパーライザーは明確なメンテナンスの規定はありませんが、万が一の事故に備え、メンテナンスを含めた予防保全の取り組みを強く推奨いたします。

  • 定期点検をやるべき理由を教えてください。

    ガス事故が起こる確率が高くなります。高圧ガス事故の原因は、設備の維持管理の不良による事故は全体の41%を占めています。さらに「腐食管理不良」については維持管理不良の事故の中でも38%と最も多くの割合を占めています。定期的なメンテナンスはこういった事故を防ぐことができます。(「高圧ガス事故集計(令和元年12月末まで)」(経済産業省ウェブサイト)より)

  • メンテナンスを啓蒙する資料はありますか?

    こちらの資料をご覧ください。

Contactお問い合わせ

総合窓口

各種お問い合わせ窓口

製品やサービス等、各種お問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ